なぜマルチプロバイオティックという乳酸菌サプリは青汁よりベターなのか

お腹の中の調子を整える方法は、複数あります。
例えば最近では、青汁などは注目されつつあるようです。薬店などでも、いつの間にか青汁関連の製品はラインナップされるようになりましたね。水溶性のスティックタイプの青汁粉末などは、そのお店によく陳列されているでしょう。
その青汁は腸内環境の改善効果が見込める訳ですが、理由はその汁の中に含まれている食物繊維ですね。いわゆる水溶性の食物繊維になりますので、お腹の中を綺麗に掃除してくれる効果が見込めます。それで腸内環境が健やかになる事が多いので、便秘改善などの効果が期待できる訳です。

青汁よりマルチプロバイオティックが優れている2つの理由

ところで腸内環境を整えるとなると、他にも方法があります。その1つがマルチプロバイオティックという商品なのですね。
マルチプロバイオティックは、いわゆる乳酸菌のサプリメントの1つになります。ちなみにそれは日本で開発されたサプリではなく、アメリカの老舗の会社が作った物になるのです。そのサプリの場合は、お腹の改善効果はかなり期待できると思います。

サプリは、主に楽天で購入できるのですね。そしてあの通信販売サイトでは、多くの方々による口コミを確認する事ができます。レビューの平均点がかなり高めになっていますので、少なくともお通じ効果は期待できるでしょう。
ところで前述の青汁とマルチプロバイオティックのどちらの方が良いかと言われれば、個人的には後者です。なぜなら使い勝手に関するメリットがあるからです。
そもそも青汁を摂取するとなると、少なくとも水は必要になります。あのスティックタイプの粉末をそのまま飲むのは、少々難しいでしょう。不可能ではないと思いますが、かなり苦しむ事になると思います。

しかしマルチプロバイオティックというサプリの場合は、丸飲みをする事もできるのですね。とても手軽に摂取できるという意味で、青汁よりはメリットが大きいと思います。
それとマルチプロバイオティックには、味覚に関するメリットもあるのです。そもそも青汁というドリンクは、慣れるまでは少々抵抗感があると思います。テレビのCMなどでは、青汁の苦味がアピールされている事も多いですね。慣れればそれは問題ないのですが、そこに到達するまでが少々大変だと思います。

ところがマルチプロバイオティックというサプリの場合は、特に味にクセはありません。むしろ全く味覚が無いサプリなので、特に抵抗感もなく摂取する事ができるでしょう。
以上の飲みやすさと味覚という2点の理由で、青汁よりはマルチプロバイオティックいうサプリの方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です