なぜマルチプロバイオティックという乳酸菌サプリは青汁よりベターなのか

お腹の中の調子を整える方法は、複数あります。
例えば最近では、青汁などは注目されつつあるようです。薬店などでも、いつの間にか青汁関連の製品はラインナップされるようになりましたね。水溶性のスティックタイプの青汁粉末などは、そのお店によく陳列されているでしょう。
その青汁は腸内環境の改善効果が見込める訳ですが、理由はその汁の中に含まれている食物繊維ですね。いわゆる水溶性の食物繊維になりますので、お腹の中を綺麗に掃除してくれる効果が見込めます。それで腸内環境が健やかになる事が多いので、便秘改善などの効果が期待できる訳です。

青汁よりマルチプロバイオティックが優れている2つの理由

ところで腸内環境を整えるとなると、他にも方法があります。その1つがマルチプロバイオティックという商品なのですね。
マルチプロバイオティックは、いわゆる乳酸菌のサプリメントの1つになります。ちなみにそれは日本で開発されたサプリではなく、アメリカの老舗の会社が作った物になるのです。そのサプリの場合は、お腹の改善効果はかなり期待できると思います。

サプリは、主に楽天で購入できるのですね。そしてあの通信販売サイトでは、多くの方々による口コミを確認する事ができます。レビューの平均点がかなり高めになっていますので、少なくともお通じ効果は期待できるでしょう。
ところで前述の青汁とマルチプロバイオティックのどちらの方が良いかと言われれば、個人的には後者です。なぜなら使い勝手に関するメリットがあるからです。
そもそも青汁を摂取するとなると、少なくとも水は必要になります。あのスティックタイプの粉末をそのまま飲むのは、少々難しいでしょう。不可能ではないと思いますが、かなり苦しむ事になると思います。

しかしマルチプロバイオティックというサプリの場合は、丸飲みをする事もできるのですね。とても手軽に摂取できるという意味で、青汁よりはメリットが大きいと思います。
それとマルチプロバイオティックには、味覚に関するメリットもあるのです。そもそも青汁というドリンクは、慣れるまでは少々抵抗感があると思います。テレビのCMなどでは、青汁の苦味がアピールされている事も多いですね。慣れればそれは問題ないのですが、そこに到達するまでが少々大変だと思います。

ところがマルチプロバイオティックというサプリの場合は、特に味にクセはありません。むしろ全く味覚が無いサプリなので、特に抵抗感もなく摂取する事ができるでしょう。
以上の飲みやすさと味覚という2点の理由で、青汁よりはマルチプロバイオティックいうサプリの方が良いと思います。

なぜ米国産の乳酸菌サプリで痔が予防できるか

私たちのお腹の環境は、お尻と大きな関係があります。お腹の環境次第で、お尻に対する負担も大きく変わってくるのですね。
当然ですがお腹の中には、色々と老廃物が蓄積されます。もちろんそれは体の外に出す必要がありますが、そのための器官は肛門ですね。

痔の予防効果が見込めるマルチプロバイオティック

ところであるアメリカの会社では、とても優秀なサプリを販売しています。アメリカにある老舗のサプリの会社なのですが、そこでは様々な種類のサプリを開発しているのです。その中に乳酸菌サプリがありますが、あれはお通じに対して改善効果が期待できるのですね。ちなみにマルチプロバイオティックという名称のサプリになります。

現にそのアメリカのサプリに対する口コミを確認すると、便秘改善に関する内容が多いです。そのサプリを服用したら、頑固な便秘が改善されました等の口コミもいくつか見られるのですね。

ところでそのアメリカのサプリは、前述のお尻と大きな関係があると考えられます。なぜならそのサプリを摂取すると、お尻に対する負担が少なくなると思われるからです。
そもそもお尻に対する負担は、腸内環境と大きな関係があります。お腹の中の環境が悪いと、なかなか排便もスムーズに進まないのですね。便秘になっている方などは、もちろん排便不良を起こしている事になります。

そして便秘状態では、お尻に対する負担も大きくなりがちなのです。ましてデスクワークの方々などは、常にお尻に対する圧迫が生じています。便秘によってお尻に対する圧迫が増しますので、いぼ痔などになってしまう確率も高まるのですね。もちろん、それは少々危険でしょう。

ところが前述の大手の会社が開発したサプリメントの場合は、人々の便秘を解消している事がとても多いのですね。中には、あまり肛門に力を入れなくても、すんなりと排便できるようになったとの口コミを投稿している方も見られます。それはいぼ痔予防のためには、とても大切な事なのです。むやみに力んでしまいますと、肛門部分に対する負担が大きくなってしまいます。それでいぼ痔になる確率も高まる傾向があるのですが、前述のサプリならば肛門に対する圧迫が小さくなるので、いぼ痔なども予防できるのではないでしょうか。
ちなみにいぼ痔という病気は、治療期間は案外と長くなりがちです。少なくとも即日にその症状が改善されるものではないので、一度発症してしまいますと長期間の通院が必要になります。それは避けたいですね。
しかし前述のマルチプロバイオティックならば、それも予防できるでしょう。いぼ痔が心配な時には、それを服用してみると良いのではないでしょうか。

検査をきっかけにアメリカの乳酸菌サプリの摂取を始めた親戚

人間は年齢を重ねると、だんだんお腹の調子が悪くなる傾向があります。それである程度年齢を重ねた方は、検査を受ける事も多いのですね。
いわゆる大腸検査などは、それに該当します。お腹の中に腫れ物やガン細胞などが無いか否か、それで確認をする事になるのです。その検査は、主に40代の方々が受診する事が多いですね。40代になるとガン細胞が増えやすくなりますので、その有無を確認する為に検査を受けるのでしょう。

大腸検査で発見された腫れ物とアメリカの乳酸菌サプリ

ところで以前に私の親戚の1人が、その検査を受けました。親戚も適齢期だったので、そろそろその検査を受ける方が良いと思ったのでした。
また親戚の場合は、体調不良も一因でした。最近はお腹の調子もあまり良くないので、この際検査で確認してもらおうという話になったのです。

それで消化器科の病院で検査を受けたところ、親戚はお腹に腫れ物が見つかったのですね。幸いにも、それはガン細胞ではありませんでした。しかし何らかの炎症が発生している事だけは確実なので、ちょっと心配な状況だそうです。
ちなみにポリープではありませんでした。それを切除する為の手術も受けませんでしたので、それほど重いものではなかったのですね。

ですが親戚としては、やはりお腹の中の調子が気になっています。その腫れ物を放置すれば、後になってエスカレートする可能性もあるので、ちょっと何らかの対策が必要だと感じました。

そこで親戚は、その腫れ物を抑える為の情報をネットで色々調べたのですね。それである時に、アメリカで作られた乳酸菌のサプリに着目したのです。アシドフィルス菌など様々な菌類が配合されているサプリなのですが、ある口コミサイトでもかなり高い評価を受けていたのです。しかもその口コミの内容を見ると、ガンに対する一定の効果もあるようなので、結局それを服用する事にしました。

親戚は既にそのアメリカ産のサプリの服用を開始しています。ここ最近では、お通じもだいぶ定期的になってきました。今まではお通じが不定期で、時には1週間もお通じが来ない事もあったのですね。しかし最近では毎日来るようになっているので、少なくともだいぶお腹の調子が改善された事は確実でしょう。
あと半年ほどしたら、親戚はまた消化器科の病院にて検査を受ける事になっています。恐らくその病院での再検査にて、何も異常が見つかることは無いと思います。親戚は、とても良いアメリカ産のサプリを見つける事ができたものだと思います。

出典先@腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響